前へ
次へ

パーソナルトレーニングでホルモン分泌活性化

何を自分にとっての、パーソナルトレーニングへ通う目的にするかを決めておくことです。自力ではなかなか落ちにくい脂肪を減らすことで、引き締まったスタイルにしたいといったことでも構いません。一般的に考えてみても脂肪量をもっと減少させたいと考えた時に、思い浮かぶのは有酸素運動を主に行うことです。実際のところパーソナルトレーニングでのトレーニングで、脂肪量を減らすことを目指すなら、無酸素運動を適度にいれることを欠かしません。筋肉に一定の抵抗をかけながら無理なく運動をするレジスタンス運動は、頑固な脂肪の燃焼効率を高める要素となります。腹筋をしたり腕立て伏せをしたり、ジムに完備されているバーベルを持ったり、専用マシンを使いこなしたり、ダンベルを使用するのも良い方法です。レジスタンス運動は不可をかけながら行う運動ですが、それが脂肪を減少させるホルモンの分泌を活性化させます。成長ホルモンやアドレナリンに副腎皮質モルモンなど、効率的分泌となって痩せる目的を達成しやすいです。

Page Top